第4部 心室性期外収縮

第2章 治療

第2章 治療

心室性期外収縮の治療

心室性期外収縮の原因となるような基礎心疾患がある場合は、その治療を優先します。適切な治療により不整脈は改善する可能性があります。 
基礎心疾患がない場合、症状もなく、心室性期外収縮の頻度も多くなければ放置しても問題ありません。しかし、「不快な症状がある」方や、症状がなくても心機能が徐々に低下してくる可能性のある「心室性期外収縮の頻度が多い(10,000発/日以上)」の方は治療の適応となります。

治療方法

心室性期外収縮の治療方法は二つあります。薬物療法とカテーテルアブレーションです。

薬物療法

βブロッカー(ビソプロロール、アテノロール等)、ワソラン、ヘルベッサー、抗不整脈薬(タンボコール、プロノン等)です。抗不整脈薬は心筋梗塞の既往がある患者さんには禁忌です。致死性不整脈を引き起こす可能性があるからです。しかし、残念ながらどの薬剤も、不快な症状が軽減する効果はありますが、突然死を予防する効果や、心機能を改善する効果はありません。

カテーテルアブレーション

カルトシステムという3次元マッピングシステム(図2)を使用し、手術中に出現している心室性期外収縮の発生場所を同定し、高周波通電により焼灼し根治する治療です。そのため、術中にある程度、少なくても1分間に1回は、心室性期外収縮が出ていないと、場所を同定できません。
手術成功率は心室性期外収縮の場所によりことなります。一般的な場所(心臓の内側)であれば、90%以上の成功率です。しかし、起源が心臓の外側にある場合は、治療成功率は50〜80%程度になります。心室性期外収縮の起源が心臓の内側か外側にあるかは、心電図でおおよそ推測可能です。

【当院で実施する場合】
全身麻酔下で実施しています。心室性期外収縮の場所によっては、治療が長引き手術時間が数時間に及びます。その間、仰向けで、動かずにベッド上で寝ているのは、とても苦痛です。そのため、全身麻酔をかけています。
また、手技中に患者さんが深く息を吸うと、心臓が大きく上下に動き、カテーテルが心筋に強く当たってしまい、心臓に小さい穴があくようなことがあります。心タンポナーデという合併症です。特に心室性期外収縮の好発部位には、薄い心筋のところが存在し、そのような部位では心タンポナーデの発生リスクが高く、全身麻酔が安全なアブレーションに貢献します。

カテーテルアブレーションの効果

「不快な症状」があった方はそれが消失します。術前は「症状がない」と言われていた多くの方も、アブレーションにより心室性期外収縮が消失すると、「胸がすっきりした」と感じています。また、心室性期外収縮があり、心機能が低下していた人は、アブレーション治療により心機能が改善してきます。

0363710700

〒157-0063 東京都世田谷区粕谷3-20-1

【電車でお越しの場合】
京王線千歳烏山駅 南口より徒歩13分

【バスでお越しの場合】
京王線千歳烏山駅より京王バス [歳23] で4分、
小田急線千歳船橋駅より京王バス [歳23] で10分、
「芦花高校入口」下車すぐ

提携ホテルのご案内
診療時間
月~金 9:00~12:00、13:00~17:00
9:00~12:00
※ 受付は終了30分前までとなります
【休診日】 土曜午後・日・祝・年末年始
日祝
午前
9:00〜12:00
-
午後
13:00〜17:00
- -
お問い合わせはこちら