第3部 発作性上室性頻拍症

第4章 心房頻拍

第4章 心房頻拍

発症のメカニズム 

心房のある一箇所に速い頻度(100拍/分以上)で興奮する心筋ができて発症します。そこを中心に電気的興奮が心房内で広がっていきます。

疫学

頻度は多いものではなく治療を要する発作性上室性頻拍症の約1割の方が心房頻拍です。

発症年齢

何歳でも発症し得ます。

症状

動悸です。発症の仕方は「突然始まり、突然終わる」、「徐々に始まり、徐々に終わる」と様々です。

診断

発作時の心電図をとることで診断がつきます。

治療

バルサルバ手技(房室結節リエントリー性頻拍のページ参照) 一部の人には有効ですが、無効のことが多いです。

電気ショック 一部の人には有効です。しかし、電気ショックで一時的に停止しても、すぐに再発することがあります。

薬物治療:

βブロッカー(メインテート、テノーミン)、ジルチアゼム(ヘルベッサー)、ベラパミル(ワソラン)、抗不整脈薬が有効です。

カテーテルアブレーション 

カルトシステムとペンタレイカテーテルを用いて、心房頻拍中の心臓内の電気の興奮の様子を観察します。心房頻拍は図のように、一箇所から周囲の心筋に電気が広がりながら興奮していきます。その中心となるところを焼灼すると心房頻拍は停止します。

図3

心房頻拍中のカルト画像 左:右心房(右斜位像)、右:右心房(後面像)。心房頻拍の発生源は右心房のクリスタターミナリスというところの下方にありました。高周波通電(赤で示したところで実施)で頻拍は停止しています。

0363710700

〒157-0063 東京都世田谷区粕谷3-20-1

【電車でお越しの場合】
京王線千歳烏山駅 南口より徒歩13分

【バスでお越しの場合】
京王線千歳烏山駅より京王バス [歳23] で4分、
小田急線千歳船橋駅より京王バス [歳23] で10分、
「芦花高校入口」下車すぐ

提携ホテルのご案内
診療時間
月~金 9:00~12:00、13:00~17:00
9:00~12:00
※ 受付は終了30分前までとなります
【休診日】 土曜午後・日・祝・年末年始
日祝
午前
9:00〜12:00
-
午後
13:00〜17:00
- -
お問い合わせはこちら