03-6371-0700
アブレーション翌朝の苦悶 男性ならではの苦痛 「この痛みをどうにかしてくれ」

院長ブログ

アブレーション翌朝の苦悶 男性ならではの苦痛 「この痛みをどうにかしてくれ」

ほとんどは男性患者さんの話です。カテーテル室に入って来る際に、お尻を後ろに引きずりながら、内股で入って来る方がいます。尿道に挿入されたバルンカテーテルを不快に感じているのです。「おしっこが出そうな気がしてしょうがない」としきりに訴えます。翌日には、「排尿すると激痛がありつらい」と続きます。尿道の大きさとバルンカテーテルの太さが合わなかったために、尿道を少し傷つけてしまったのです。
 
尿量に比較して、点滴の量が多すぎると、肺に水がたまる心不全になってしまうので、術中には尿量を正確に把握したい。また、寝たまま、排尿するのは困難だろう。それらが尿道バルンカテーテルを挿入する理由です。
 
しかし、手術といっても僅か2〜3時間程度。それほど厳密な尿量の測定が必要か?と疑問に思い、尿道バルンカテーテルなしで、100人の患者さんに心房細動アブレーションを実施してみました。結果は、「尿量が測定できずに、心不全症状を来した人は0、排尿したいが、出来ずに細い尿道カテーテルが必要だった人は2人、術中に尿漏れがあった人は2人、残りは、術後、仰向けでも尿瓶に何の問題もなく排尿できたか、立位をとれるまで排尿感がなかった」でした。術中の尿漏れは、術中に、尿瓶を当てておくことで、対応できそうです。
 
心房細動アブレーション中の「尿道バルンカテーテル留置の必要性」は、半ば常識の様に思われていましたが、これは医療者の思い込みであることが判明しました。時には、特に患者さんが嫌がっている際には「常識を疑う」ことが重要です。
 
20150126_名寄スキー場
今年も行きました。真冬の名寄市立総合病院への出張アブレーション。翌日に、「雪質日本一」と誉高いピヤシリスキー場へ。雪はまさにさらさら。青空とのコントラスが映える樹氷が美しい。