03-6371-0700
手術実績

手術実績

目次

手術実績

カテーテルアブレーション手術件数(累計)

手術実績 手術件数推移

(2016年9月26日開院~2021年12月31日)

手術実績(詳細)

症例 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年 2021年 累計
総アブレーションカテーテル件数 61 332 371 470 449 421 2,104
心房細動
発作性心房細動 33 157 175 234 231 201 1,031
持続性心房細動 3 35 49 60 55 60 262
慢性心房細動 16 69 94 92 69 55 395
心房細動 5 36 18 27 13 19 118
発作性上室性頻拍
副伝導路症候群
(WPW症候群)
1 4 7 13 10 10 45
房室結節リエントリー性頻拍
(AVNRT)
3 15 21 29 26 31 125
心房頻拍 4 3 7 13 13 40
心室頻拍/心室性期外収縮 11 16 16 32 32 107
心臓電気生理検査 1 2 0 0 3
不整脈植込みデバイス
ペースメーカ植込み 2 5 8 3 10 13 41
植込み型ループレコーダ 1 2 6 3 2 6 20
冠動脈造形検査 1 4 9 14
経皮的冠動脈形成術 1 5 2 8

※2016年は9/26~12/31までのデータです。
 それ以降は12月末締めのデータです。

※画面をスクロールしてご確認ください。

患者さん実績

年齢別割合

手術実績 患者年齢割合

男女比率

手術実績 性別割合

※開院~2021年12月末時点の患者さんのデータ

心房細動カテーテルアブレーションの成功率

院長の桑原大志がここ最近5年間で実施したアブレーションの治療成績を示します。発作性心房細動は1回のアブレーションを実施することで、80%の患者さんで治癒し、20%は再発します。再発した患者さんは、再度アブレーションを実施することで、最終的に90〜95%の患者さんで心房細動は治癒しています。
持続期間が1年未満の持続性心房細動の患者さんの成功率は発作性心房細動患者さんと同等です。
持続期間が1年以上の慢性心房細動患者さんは、持続期間の年数により変わってきます。持続期間が5年未満ならば、1回のアブレーションで60〜80%が治癒し、再発した場合、再度アブレーション治療を実施し、最終的に80%の患者さんで治癒しています。しかし、持続期間が5年以上になると徐々に、成功率は低下しています。持続期間が10年で、複数回手術後の成功率は50%になります。

手術成功とは、アブレーション後に、30秒以上続く心房細動がない状態です。成功率とは術1年後に、アブレーションを実施した総患者数に対する、上記成功の定義を満たす患者数の割合です。

心房細動カテーテルアブレーション合併症発症率

院長の桑原大志がここ最近実施したアブレーション1000症例のうち発症した合併症の割合です。

死亡0
心タンポナーデ0.2%
(2/1000)
食道迷走神経障害0.1%
(1/1000)
一過性横隔神経麻痺0.5%
(5/1000)
大腿動静脈瘻0.2%
(2/1000)
造影剤アレルギー
(嘔気、嘔吐)
2〜3%