治療実績

診療実績

下記は当院の年間症例数と、患者年齢のグラフです。

症例
2016年
9月26日~12月
2016年
9/26~
2017年
2017年
総アブレーションカテーテル件数 61 332
心房細動
発作性心房細動 33 157
持続性心房細動 3 35
慢性心房細動 16 69
心房粗動 5 36
発作性上室性頻拍
副伝導路症候群(WPW症候群) 1 4
房室結節リエントリー性頻拍(AVNRT) 3 15
心房頻拍 0 4
心室頻拍/心室性期外収縮 0 11
心臓電気生理検査 0 1
不整脈植込みデバイス
ペースメーカ植込み 2 5
植込み型ループレコーダ 1 2
冠動脈造影検査 1 4
経皮的冠動脈形成術 1 5

(うち男性:273 / 女性:121)

患者年齢

患者年齢

心房細動カテーテルアブレーションの成功率

院長の桑原大志がここ最近5年間で実施したアブレーションの治療成績を示します。発作性心房細動は1回のアブレーションを実施することで、80%の患者さんで治癒し、20%は再発します。再発した患者さんは、再度アブレーションを実施することで、最終的に90〜95%の患者さんで心房細動は治癒しています。
持続期間が1年未満の持続性心房細動の患者さんの成功率は発作性心房細動患者さんと同等です。
持続期間が1年以上の慢性心房細動患者さんは、持続期間の年数により変わってきます。持続期間が5年未満ならば、1回のアブレーションで60〜80%が治癒し、再発した場合、再度アブレーション治療を実施し、最終的に80%の患者さんで治癒しています。しかし、持続期間が5年以上になると徐々に、成功率は低下しています。持続期間が10年で、複数回手術後の成功率は50%になります。

手術成功とは、アブレーション後に、30秒以上続く心房細動がない状態です。成功率とは術1年後に、アブレーションを実施した総患者数に対する、上記成功の定義を満たす患者数の割合です。

心房細動カテーテルアブレーション合併症率

院長の桑原大志がここ最近実施したアブレーション1000症例のうち発症した合併症の割合です。

死亡 0
心タンポナーデ 0.2%
(2/1000)
食道迷走神経障害 0.1%
(1/1000)
一過性横隔神経麻痺 0.5%
(5/1000)
大腿動静脈瘻 0.2
(2/1000)
造影剤アレルギー
(嘔気、嘔吐)
2〜3%
0363710700

〒157-0063 東京都世田谷区粕谷3-20-1

【電車でお越しの場合】
京王線千歳烏山駅 南口より徒歩13分

【バスでお越しの場合】
京王線千歳烏山駅より京王バス [歳23] で4分、
小田急線千歳船橋駅より京王バス [歳23] で10分、
「芦花高校入口」下車すぐ

提携ホテルのご案内
診療時間
月~金 9:00~12:00、13:00~17:00
9:00~12:00
※ 受付は終了30分前までとなります
【休診日】 土曜午後・日・祝・年末年始
日祝
午前
9:00〜12:00
-
午後
13:00〜17:00
- -
お問い合わせはこちら